台風10号 新東名など高速道路一部区間も通行止めの見込み 東海道新幹線は55本が運休に

カテゴリ:国内

 台風10号の接近に伴い、東海地方の交通機関にも影響が出ています。

 東海道新幹線は始発から東京=新大阪間で折り返し運転となっていて、上下線で55本が運休となっています。

 JRの在来線は、関西線と紀勢線の一部区間で終日運転見合わせとなっているほか、紀勢線の特急ワイドビュー南紀、快速みえの亀山=新宮間や、東海道線の特急しらさぎ(上り)などで、この後運転を見合わせることにしています。

 また、名鉄・空港線の常滑=中部国際空港間も運転見合わせとなっています。

 空の便は、中部国際空港の発着便で国内線・国際線あわせて251便が欠航となり、県営名古屋空港でも出雲便の全便や高知便(午後1時55分着便まで)などで欠航となっています。

 続いて高速道路は、伊勢湾岸道の飛島IC=みえ川越IC間が正午以降通行止めに、新東名高速の一部区間も午後6時以降通行止めになる見込みです。

 また、台風接近に伴い名古屋で予定されていた「愛知県戦没者追悼式」が延期となったほか、ナガシマスパーランドの遊園地とプールが休園となるなど各地のイベントなどに影響が出ています。