台風10号 中国地方縦断へ 明け方にかけ東海地方最接近か 三重南部で総降水量1000ミリ超の恐れ

カテゴリ:国内

 大型の台風10号はこのあと中国地方に上陸し、東海地方は16日にかけ大雨や暴風に警戒が必要です。

 台風10号は時速25キロの速さで北へ進んでいて、このあと中国地方を縦断する見込みです。

 東海地方にはこれから16日明け方にかけ最も接近する見込みで、三重県や愛知県の各地に警報が発表されています。

 16日午前6時までの24時間に降る雨の量は、三重県で500ミリ、愛知県と岐阜県でそれぞれ350ミリと予想されていて、特に三重県南部はこの台風による総降水量が多いところで1000ミリを超える恐れがあります。

 海上も大しけとなり、気象台は高波に加えて土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

 この台風の影響で14日夕方、津市で60代の男女2人が風にあおられ転倒してケガをしています。