乗り換え負担軽減など協議 BRT専門チーム12月1日に設置【新潟市】

カテゴリ:地域

新バスシステムBRTの総括を受け新潟市の中原八一市長は12日の会見で、改善に向けた専門チームを12月1日に立ち上げることを発表しました。

新潟市はBRT導入後の取り組みについて「利用者目線の取り組みが不十分だった」とする総括を10月に公表しました。

これを踏まえて中原市長は12日の会見で、BRTの改善策や今後の展開を検討するため副市長をトップとした「まちづくり・バス交通推進チーム」を12月1日に立ち上げることを発表しました。

専門チームは都市政策部の職員など約10人で構成され、乗り換えによる負担の改善策などについて事業協定の期限を迎える来年3月末まで新潟交通と協議します。

【新潟市 中原八一市長】

「課題の解決に向けて、利用者目線で組織横断的に取り組んでいきたい。」

また、専門チームは市民理解の醸成にも努める方針です。