台風10号 昼過ぎから夕方にかけて最接近【岡山・香川】

カテゴリ:地域

台風10号が近づいています。岡山、香川では、これから雨と風が強まる予想です。

大型の台風10号は、この後、昼過ぎから夕方にかけて、岡山・香川に最も近づく見通しです。中心の気圧は975ヘクトパスカルで、台風の接近に伴って、雨と風も強まっています。各地の最大瞬間風速は、東かがわ市引田で32.8メートル、玉野市で27.3メートルを観測、この後も35メートルの最大瞬間風速が予想されています。16日までの24時間に降る雨の量は、岡山県北部で250ミリ、南部と香川県で200ミリと予想されています。台風の接近が大潮と重なり、15日夜から16日未明にかけて、高潮の恐れもあります。岡山市では、60代の男性が風にあおられ転倒し、ケガをしました。気象台は、土砂災害、河川の増水、暴風などに警戒を呼び掛けています。