県出身作家の力作も 「春の院展新潟展」始まる【新潟市中央区】

カテゴリ:地域

新潟出身の作家をはじめ、現代を代表する作家の作品を展示する春の院展新潟展が18日新潟市で始まりました。

新潟市中央区の新潟三越で始まった春の院展新潟展。

会場には新潟ゆかりの作家の作品や一般公募で入賞・入選した作品など、計137点が展示されています。

長岡市出身の日本美術院同人・大矢紀さんの「華・長寿」

日本で長年愛されるツバキの美しさをとらえた作品です。

【日本美術院同人 長岡市出身 大矢紀さん】

「自分の家に飾りたい。自分も描いてみたいと皆さんに思っていただけたら大変うれしい」

春の院展が新潟三越で行われるのは、今年で最後となり来年以降は新潟伊勢丹に場所を移して開催される予定です。

この展覧会は9月23日まで開かれます。