バス運転手 乗務中にスマホ 新潟交通「再発防止に努める」【新潟市中央区】

カテゴリ:地域

新潟交通の路線バスの運転手が8月、乗務中にスマートフォンを見ていたことがわかりました。

新潟交通は謝罪し「再発防止に努める」としています。

新潟交通によりますと8月24日正午すぎ、新潟駅南口発、新潟市役所行きの路線バスの男性運転手が、信号待ちで停車中に自分のスマートフォンの画面を見ていたということです。

乗客がこの場面を目撃し新潟交通に連絡。

新潟交通は運転手に聞き取りをし事実と確認しました。

今後、社内の規定に則り運転手を処分する方針です。

新潟交通・乗合バス部は「安全を保証する仕事の中でこのような事態を起こし、大変申し訳ありません。再発防止に努めます」とコメント。

今後、すべての運転手に対し、運転中は携帯電話を会社が用意したケースに保管するよう徹底するということです。