新型コロナの影響でJR九州が大幅減収 来年春に予定されている熊本駅ビル開業に影響の恐れも【熊本】

カテゴリ:地域

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、JR九州は九州新幹線の今月1日から23日までの利用客数が前年同時期と比べて半減し、鉄道事業だけで約70億円の減収になっていることを明らかにしました。「これまで経験したことがない減収。驚きとともに、これがいつまで続くのか心配している」とJR九州の青柳俊彦社長。来年春開業予定の熊本駅ビルについても建設は順調に進んでいるものの、入居予定のテナントや運営会社などが新型コロナウイルスの影響を受けている恐れがあり「注視しておかないと来年春の開業が厳しいものになる」と不安視。「列車の減便などコストダウンのほか経営そのものを再検討しなければならない」と表情を曇らせました。