せっかく桜も咲いたので 特製のお花見弁当をおうちで食べて花見気分を味わおう【熊本】

カテゴリ:地域

サクラも開花し例年なら花見シーズンに入った熊本ですが、新型コロナウイルスの影響で自粛ムード。そんな中、熊本を中心に総菜や弁当を販売するヒライは、客に安心して買い物をしてもらおうと大皿にカバーを付け、消毒液も設置、トングを多めに用意して使い回しがないようにするほか、家庭での花見弁当を呼びかけるなど工夫をしています。「当店舗では3%程度の売り上げ減が見込まれる。店内での食事は客足が減っているが、弁当の持ち帰りなどは増えている」と菊水店の石川裕士店長。〝お花見用〟としていたチラシには新しく〝おうちで〟の文言を追加し家での弁当利用に期待を寄せます。対象の弁当などを5400円(税込み)以上購入して店舗で受け取るとお茶またはラーメンをプレゼントするキャンペーンも展開。石川店長は「こういった形で徐々に我々もお客さまも世の中も明るいほうに向かえば…」と話しています。