新潟県知事 給与など20%カットへ 「身を切る改革が必要」 【新潟】

カテゴリ:地域

新潟県の基金が再来年度末に枯渇することが明らかとなり、県は行財政改革にの検討を重ねてきました。

県庁で5回目の行財政改革推進会議が開かれ、冒頭で花角英世県知事は…

【花角英世知事】

「多くの県民に痛みを伴う改革を進める上では県庁自身、自らの身を切る改革が必要」

と話し、自身の給与と期末手当それぞれ20%カットする意向を示しました。

また、会議で花角知事は副知事や部長級職員の給与などの削減も提案したということです。

これにより年間約2億円削減される見通しです。

【花角知事】

「(県民に)色々な分野で色々なお願いをすることになると思う。

なんとか持続可能な新潟県の財政運営になるように答えを探していきたい」

県は9月10日に行財政改革についての行動計画の素案を公表し、その後9月県議会に提出します。