各地で台風10号への備え進む 風・波・暑さ…農作物の管理などに注意を【新潟】

カテゴリ:地域

台風10号への対策に追われているのが漁師や農家です。

【漁師】

「台風は万全の備えをしなきゃいけないので大変です」

佐渡市では高波に備え舟を陸に揚げ固定する漁師の姿がみられた一方…

新潟市江南区で梨を栽培する堀川裕之さんは、およそ1か月後に収穫時期を控える中、急きょ防風ネットを下ろす作業にあたっていました。

【堀川裕之さん】

「今年は今のところまでは順調な生育なんですよ。5月、6月に気候が良かったので。(台風が)できれば来ない方がいいし、できるだけ小さくなってほしい」

対策が急がれる一方で、その作業を厳しくさせているのが猛烈な暑さです。

【堀川裕之さん】

「普通だと昼間作業しないで家にいる時間なので、暑さ的には大変ですね」

一緒に作業する妻からも悲鳴が上がりますが…

【堀川さんの妻】

「中々きついですね…とっても。(でもこの暑さの中でもやらなきゃいけない?)そうですね、これから楽しみな収穫があるので」

このほか県は稲についても適切に水の供給を行うなど、高温による農作物の被害を防ぐための管理の徹底を呼び掛けています。