ケンコー大作戦4月スタート 岡山市

岡山放送 カテゴリ:地域

岡山市は、市民の健康のための行動をポイントに換算し景品と交換できる事業、おかやまケンコ―大作戦を4月から始めると発表しました。地元企業の資金を活用し、市民の健康寿命を延ばす取り組みです。

「おかやまケンコー大作戦」は、35歳以上の岡山市民と市内にある企業の従業員が対象で、参加者は運動したり、健康に配慮した総菜や弁当などを買ったりすると、専用のカードにポイントがたまり、景品と交換できる仕組みです。市が委託した会社が事業を運営し、フィットネスクラブやスーパー・飲食店など、約30社がポイントがたまるサービスを提供します。初期投資は、全て民間から出資を募り、市は、肥満度の改善など、効果に応じて、事業費を出し、運営会社を通じて出資者に元本の返済や配当を分配します。

(岡山市 大森雅夫市長インタビュー)

「運動を行うことによって健康になる、健康寿命を延伸して頂く。企業は、一定の利益を目指しながら社会貢献事業にもなる。」 

           

運営会社は、今月15日から出資者を募集し、事業費は新年度からの5年間で約3億7000万円を予定しています。民間資金を活用して社会的課題を解決する事業としては、国内最大規模になるということです。