松井大阪市長 お花見「容認」から一転「自粛」呼びかけ

カテゴリ:地域

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、大阪市の松井市長は、これまで容認していた花見の自粛を求めました。

大阪市の松井市長はこれまでシーズンを迎えている花見について、「箸や取り皿、コップを共有しない」などの対応を取れば、自粛までは求めないとしていました。

しかし、感染経路がわからない新型コロナウイルスの陽性者が増えてきたことから、一転して飲食を伴う花見の自粛を呼び掛けました。

【大阪市松井一郎市長】

「10日、一週間前と比べてきのう、おとといと患者数が増えてきた。こういう状況の中ではできる限りのリスクを抑えていく必要があるんじゃないかと」

大阪府の吉村知事も、今週末の「外出自粛」までは要請しない方針ですが、「歩きながら花見をしてもらいたい」として自粛に理解を求めました。