友達との再会…先生との別れ…福島県福島市の小学校では臨時登校日

カテゴリ:地域

福島県の福島市教育委員会は3月26日から31日までの間に学校ごとに「登校日」を設けることにした。

3週間ぶりの登校では、通知表を受け取り先生との別れも…

【福島県福島市の三河台小学校】

子どもたちが元気に登校し、友達と久しぶりの再会を喜び合っていた。

「みんな元気そうで体調も崩してないようだったので嬉しかったです」

「休みの間は、運動不足にならないように長時間散歩をして決まった時間にちゃんと勉強をしていました」

子どもたちの健康状態や学習状況を確認するために設けられたこの「登校日」。

新型コロナウイルスを警戒して校内放送で全校集会を行い、転勤する先生が挨拶を行った。

新型コロナウイルスにより大きな影響を受けた子どもたち。

通知表を受け取り、クラスメイトと今年度を振り返る。

そして、担任の先生ともお別れ。

福島市は、新型コロナウイルスの感染状況を見て、4月の入学式や始業式をどんな形で行うか検討することにしている。