建設事業費62億円余り 「県立武道館」お披露目 武道大会やイベントでの活用に期待 長野・佐久市

カテゴリ:地域

 長野県佐久市に建設されていた「県立武道館」が完成し、オープニングセレモニーが行われました。柔道や剣道の大会を始め、様々な屋内スポーツやイベントで活用が期待されます。

 県立武道館は、佐久市猿久保に62億円余りをかけて建てられました。オープニングセレモニーは、新型コロナウイルスの影響で縮小されましたが、阿部知事や柳田佐久市長ら関係者30人余りが完成を祝いました。内部は主道場、柔道場、剣道場などに分かれ、アカマツなど県内産の木材が多く使われています。

 武道大会の会場となる他、主道場は最大3000人規模のコンサートも開催できます。

 一方で、来月9日に予定されていたオープン記念の大相撲の巡業が中止されるなど、新型コロナウイルスの余波も続いています。