石井十次賞発表 黒柳徹子さんが受賞 宮崎県

カテゴリ:地域

児童福祉に尽くした個人や団体に贈られる「石井十次賞」。

今年は女優でユニセフ親善大使の黒柳徹子さんが受賞することになりました。

「石井十次賞」は、高鍋町出身で、明治時代に孤児院を設立し

児童福祉に取り組んできた、石井十次の精神を受け継ぐ個人や団体に贈られています。

29回目となる今年の受賞者には、女優の黒柳徹子さんが選ばれました。

黒柳さんは、大ベストセラー「窓ぎわのトットちゃん」の印税で社会福祉法人を設立。1984年にはアジア初のユニセフ親善大使に選ばれました。

世界39か国を訪問して、貧困や疫病など子どもたちが置かれた厳しい現状を発信し、

61億円を超える募金を集め、ユニセフを通じて子ども達の救済に活用されています。

石井十次賞の贈呈式は4月15日に高鍋町で行われる予定でしたが、

新型コロナウイルスの影響で延期となっています。