「始業日から学校再開」広島市教委 「ノー密3条件」徹底求める

カテゴリ:地域

広島市は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、現在、臨時休校としている広島市立の学校について、新学期から再開することを明らかにしました。

【広島市教委・荒瀬尚美教育次長】

「万全の準備を行った上で始業日から学校を再開することとした」

この日開かれた広島市の感染症対策本部・本部員会議で、市の教育委員会は市立の小・中・高等学校と特別支援学校を春休み明けの新学期から再開する方針を示しました。

理由としては休校が長期に及ぶことによる児童・生徒への影響や、市の感染拡大状況を勘案したとしています。

始業式は小・中学校が来月7日高校は来月6日とし、再開にあたっては・「換気の悪い密室空間」・「人が密集していること」・「近距離での会話」の3つの条件が、同時に重なる場を避けることなどに留意するとしています。

このほか、市が所管する施設の臨時休館は今月29日までの予定でしたが来月12日まで延長することとし、感染拡大防止対策を徹底できる施設については今月30日以降順次、開館する予定です。