新型コロナの余波 緊急事態宣言の日曜日…動物園、テレビ塔、プール、図書館 どこもかしこも"休み"

カテゴリ:地域

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、北海道内の公共施設を中心に休園や一般開放の中止が相次いでいます。

 3月1日、札幌では多くの人が集まる施設を中心に、19日までの日程で営業を休止する動きが出ています。

 札幌市の円山動物園では1日から19日まで休園します。

 札幌時計台や豊平館などの観光施設や文化施設市内にある図書館も臨時休館しています。

 また札幌ドームや市内各区の体育館、プールなど29の施設でも一般開放が休止されています。

 札幌テレビ塔は地下の飲食街を除いて休業、羊ヶ丘展望台も2日から19日まで休業します。

 多くの施設は20日以降について、状況を見ながら、再開の時期を改めて検討することにしています。