手づくり人形が彩る 八日市つるし雛(びな)まつり【岩手・花巻市】

岩手・花巻市 石鳥谷町では、吊るして楽しむひな飾り、つるし雛(びな)を展示する催しが開かれている。

岩手めんこいテレビ 細田 啓信アナウンサー

「会場を色鮮やかに彩るつるしびな。可愛らしい一つ一つの人形が健康や幸福などの願いが込められています」

この催しは、地元のつるし雛同好会の主婦らが毎年開いている。振り袖など古い着物の生地を使ったつるし雛はすべて手作り。子供の成長を願う、色とりどりの人形が訪れた人たちを楽しませている。

紫波町から来た人

「すごくきれいなので毎年楽しみにして来ている。(家族で)元気に暮らせたらいいなと思ってみていた」

八日市つるし雛同好会 高橋 多美代表

「ここに来て一番最初の春を感じてもらいたいと思う」

つるし雛まつりは3月3日まで、花巻市 石鳥谷町の八日市いきいき交流館で開かれている。