東川米を世界ブランドに「モチモチしていておいしい」東川町がロシアで自慢のコメをPR

カテゴリ:地域

 北海道のコメとロシアでも手に入る食材を融合させた新たな挑戦です。

 上川管内の東川町が、モスクワで自慢のコメをアピールしました。

 ロシアモスクワの日本大使館で開かれたレセプション。約700人の来場者の人気を集めたのは、東川町産のコメを使った新商品「ひがしかわボール」です。見た目はおにぎりですが、これは道内有数の米どころの味と、チーズや枝豆などロシアでも手に入る食材を組み合わせた一品。

 ロシアで北海道のコメを主食にしてもらおうと地元農協などと売り込んでいます。

モスクワ初上陸のこの日は、約800個がすぐになくなりました。

 試食したロシア人女性:「モチモチしていて、とてもおいしい!」

 東川町 松岡市郎 町長:「東川と言えばコメ、コメと言えば東川」という全国ブランドあるいは世界のブランドにしたい」

 東川町などは、今後もロシアでの認知度アップの取り組みを続けます。