子育て中のママがお菓子作り バレンタインデー【岩手・盛岡市】

2月14日はバレンタインデー。

普段、育児に忙しいお母さんたちが子供を預かってもらった時間を使ってお菓子作りを楽しんだ。

照井沙也加記者「教室いっぱいにチョコレートの甘い香りが漂っています」

この教室は小さい子供を持つお母さんたちにバレンタインのお菓子作りを楽しんでもらおうといわて生協が開いた。

14日は会場で子供を預かってもらったお母さんたち8人がブラウニーケーキを作った。

お母さんたちはチョコとバターを湯煎で溶かしていき、専用の型に流してオーブンで20分間焼き上げていく。

最後にクルミやチョコなどで飾り付けをして、愛情をたっぷり込めたケーキが完成した。

参加者は「子供を預けて皆で和気あいあい楽しく作れたので良かったです。娘たちと一緒にパパに挙げようと思います」

お母さんたちは、普段は子供の面倒を見ながらでしかできないお菓子作りの時間をたっぷりと楽しんでいた。