高級ピアノ「ベーゼンドルファー」の演奏を体験

カテゴリ:話題

オーストリア発祥の高級ピアノ「ベーゼンドルファー」を演奏できる体験会が、富山市で始まりました。

リポート「今私がひいているのは、世界3大ピアノのひとつ、ベーゼンドルファーです。これだけでも貴重ですが、コンサートホールを貸し切って演奏できるんです」

この体験会は、劇場や舞台芸術への関心を深めてもらおうと富山市のオーバードホールが毎年開いているもので、今年で16回目です。

オーストリア発祥の高級ピアノ、ベーゼンドルファー。年間の生産台数はおよそ250台と極めて少なく、大変希少価値の高いピアノです。今回、演奏できるのは「インペリアル290」という種類で、通常のピアノより鍵盤の数が9つ多いのが特徴です。増えた低い音域のところは黒く塗られています。

この体験会、ピアノ愛好家の中で、毎年人気となっていて、今回は応募のあった99人の中から20人が選ばれました。

演奏した人は「弾いてみたいと思って応募したら当たった。優しい音で感動した」