南部鉄器エフェクター 究極の音を求める製作者【岩手・奥州市】

岩手・盛岡市のライブハウスで演奏しているのは全国から注目を集めるバンド。なんですが…今回の主役は、足元の「エフェクター」。

Surrounded By Enemies・ベースのAbeKenさん「最高ですね。ずっとかけていたいような音ですね」

南部鉄器エフェクターは、今、岩手を中心にミュージシャンからスポットライトを浴び始めている。

「南部鉄器エフェクターあられ」

一般的なエフェクターは軽いアルミのケースなのに対し、ずっしりとした鉄に、あられと呼ばれる文様があしらわれている。

南部鉄器の工房「及富」。

この工房の一角で、電子回路を黙々と作っている人がいた。

福嶋圭次郎さん(33歳)。

南部鉄器でエフェクターがどうしても作りたいと横浜から奥州市水沢に移住してきた。

この方、言わば「音に取りつかれた男」。

「ちょっとした違いで、音は大きく変わる」と、使うはんだやはんだごても選びぬいている。

福嶋圭次郎さん「イギリス製のはんだごて、1940年くらいの…。240Vくらいで動作する。日本じゃ動かせない」「これがまた独特の音がするんですよ。ロックってイギリスで生まれたんだという音がする。すみません、うるさいこと言って」

ロックバンドを組んでいていた高校生の時からエフェクターづくりに没頭し、大学卒業後も実家の店で働きながら取り組み続けてきた。

音への好奇心は外側のケースにまで及んだ。

ケースの素材が変わると電気回路の流れ方が変わり、違った音が出る。

これに気付いた福嶋さんは、誰も試したことがない、木やプラスチック製品を利用するようになる。

そんななか南部鉄器についてのテレビ番組と出会う。

福嶋圭次郎さん「風鈴や鉄瓶をこするような音がすごく心地よかった」

心地よい響きが出る素材を使えば、エフェクターの回路も影響されて、心地良い音が出るに違いない。

福嶋さんは、一念発起して2019年の夏、移住し、銀行の融資を受けてひとりで会社を立ち上げた。

「及富」の職人も型作りから鋳造まで協力してくれて、約半年かけてエフェクターは完成した。

福嶋圭次郎さん「鋳鉄という素材から影響があると思うが、従来のアルミケースのものより音に厚みがあって前に飛ぶ感じがある」

商品化にこぎつけ注文をネットなどで募った。

50個を生産し完成品の出来を確かめている。

しかし、注文がこないと赤字になる一方で「生活」という文字が重くのしかかる。

福嶋圭次郎さん「先のことを考えると怖いなと思うんですけど、やらないといけないことは目の前にしかない」

悩める福嶋さんのもとに、とあるミュージシャンがやってきた。

「お邪魔します。SaToMansionの佐藤和夫です。よろしくお願いします」二戸市出身のロックバンド「SaToMansion」のボーカル&ギター・佐藤和夫さんだ。

「SaToMansion」は2015年、4兄弟で結成されたバンドで東京を拠点に活動している。

2019年はサッカーJ3・グルージャ盛岡の公式応援ソングを作るなど、地元はもとより首都圏でも人気を集めている。

和夫さんはファンからの情報で、エフェクターの存在を知り、工房を訪れた。

(和夫さん、弾いてみることに…)

和夫さん「いいですね!」「(音の)粒がしっかりしているというか、単音がちゃんと鳴る。ください!(笑) めちゃめちゃいいですね。全然違いますね」

心から感動する姿に胸を打たれた福嶋さんは、プレゼントすることにした。

福嶋さん「拾ってもらった身なので、岩手を盛り上げたいし、岩手でしかできないことだと思うので、これで世界に打って出たいなと」

和夫さん「最高の武器を使って、全員ぶっ倒しますから任せてください」

その10日後(1月4日)、地元二戸市で行われた凱旋公演。ふるさとに感謝を伝えるメンバーにとって特別なライブだ。

和夫さんの足元には、黒く光る「相棒」の姿があった。

和夫さん「もっと伸ばしてほしい伸びてほしいというくらいに(音が)伸びる。ちょうどいいところまで伸びる。助けていただきました、“あられ”に」

千年の歴史を持つ伝統工芸に、ほとばしる新しい熱。

南部鉄器が、お湯ではなく、音楽界を沸かせる。

***

南部鉄器エフェクター問い合わせ

090-7425-2981