「結果で恩返ししたい」社会人野球ヤマハ 新加入3選手が抱負 浜松市

カテゴリ:地域

浜松市を本拠地とする社会人野球チーム「ヤマハ」に、新たに加入する3人の選手が決意を語りました。

大本拓海選手 「高校生の時からヤマハで野球をしたいとずっと思っていて」

ヤマハ野球部には今年3人の選手が加入し、いずれも即戦力として期待されています。

掛川西高校出身の大本拓海(おおもと・たくみ)選手は、長打力が魅力のキャッチャーです。

高校時代のホームランは33本、2年生の時に夏準優勝を果たし、大学でも全国大会を2度経験しました。

大本選手 「地元に帰ってきていろんな方におめでとうという言葉を頂いてすごく応援されているのを感じるので、都市対抗野球、日本選手権に出場するなど結果で恩返ししたい」

大学日本一に輝いた永濱晃汰(ながはま・こうた)内野手、マックス149キロの速球と7種類の変化球をもつ清水蓮(しみず・れん)投手も加わったヤマハ、躍進が期待されます。