投手復帰は5月中旬 大谷翔平選手 13日キャンプイン【岩手】

岩手・奥州市出身でエンゼルスの大谷翔平選手は、13日キャンプインする予定。

12日は、ゼネラルマネージャーが取材に応じ、大谷選手の投手として復帰は5月中旬の見通しだと話した。

黒い帽子と上着を身に付け、球場にやってきた大谷選手。取材の時間帯、クラブハウスには姿を見せず、屋外での練習もしなかった。

2019年、左ひざの手術を成功させたが、5月中旬にピッチャーとして復帰する目標だとビリー・エプラー ゼネラルマネージャーが明らかにした。

ビリー・エプラー ゼネラルマネージャー

「彼は、毎試合注意深く調整しなければいけない選手、リスクを取らせないように最大限努力する」

ジョー・マドン監督

「(大谷選手について)すばらしい!彼については多くのことを学ばなければならない。メジャーでの才能を発揮するためには、忍耐強く見なければならない」

このほか、ジョー・マドン監督は、大谷選手をオープン戦で指名打者として出場させるとしたうえで、今後 “二刀流”としての起用を考えていると明らかにした。