新型肺炎の影響 鹿児島市のイベントに中国の関係者が不参加

カテゴリ:地域

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスによる肺炎の影響です。

2月2日、鹿児島市で開催されるイベントに参加を予定していた中国の関係者およそ60人が渡航制限で参加を見送ることがわかりました。

鹿児島市によりますと2月2日、城山ホテル鹿児島で開催を予定している「北前船寄港地フォーラム」には中国の大連市などから政府関係者や旅行業者などおよそ60人が参加する予定でした。

しかし、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けた中国政府の渡航制限の影響で、27日の夜になって、参加の見送りが決まったということです。

イベントそのものは予定通り行われます。

「北前船寄港地フォーラム」は九州では初開催で、過去に中国でも開催していたことから今回、関係者が招かれていました。