台風17号情報(午前7時推定)

カテゴリ:地域

大型で強い台風17号が東シナ海を北上していて、鹿児島県内全域が風速15メートル以上の強風域に巻き込まれています。

22日(日)の県内は暴風や大雨、高波に警戒が必要です。

台風17号は22日午前7時には種子島・屋久島の西にあるとみられていて、県内全域を強風域に巻き込みながら北上しています。

台風は22日午後に九州の北を通過し、23日に日本海へ進む予想となっています。

この台風の影響で、22日は午前7時までに奄美市笠利で29.8メートル、枕崎で26.4メートルの最大瞬間風速が観測されました。

大型の台風で、強い風が吹く範囲が広いため、奄美地方では22日夕方まで、九州南部は23日午前にかけて風が強い状態が続くおそれがあります。

県内で22日に予想される最大瞬間風速は、30〜25メートルの予想です。

台風が遠ざかるコースに入っても、吹き返しのおそれがあります。

強い雨風にご注意ください。

九州南部は大雨にも警戒が必要です。23日の朝にかけて予想される雨量は、多い所で、薩摩・大隅地方、種子島・屋久島地方で200ミリです。

土砂災害や低い場所の浸水に警戒してください。

海上は22日にかけて6m〜8mの警報クラスの大しけが予想されます。

高波は23日の前半まで続く見込みです。