インフルエンザ 去年より3か月早く流行シーズン入り 宮崎

カテゴリ:地域

宮崎県は12日、インフルエンザが流行シーズンに入ったと発表しました。

去年よりも約3か月早く、過去10年間では最も早くなっています。

宮崎県のまとめによりますと、先週、宮崎県内の定点医療機関に報告があったインフルエンザの患者数は69人で、流行シーズン入りの目安を超えました。

去年よりも約3か月早く、過去10年間では最も早くなっています。

69人のうち、約半数が5歳~9歳の子どもで、地域別でみると、延岡地区が最も多く、44人が報告されています。

宮崎県では手洗いや咳エチケットなど、感染症対策の徹底を呼びかけています。