タクシー配車“DiDi”宮城県内でもサービス開始 世界1000都市以上で導入

カテゴリ:地域

スマートフォンのアプリを使ったタクシーの配車サービスを世界1000都市以上に提供している企業が9月12日から宮城県内のタクシーでもサービスを開始しました。

サービスの提供を始めたのは、中国を中心に世界1000都市以上で導入されているタクシーの配車アプリを運営している「DIDI(ディディ)モビリティジャパン」です。

このサービスは客がスマートフォンの専用アプリの地図上に乗車場所や目的地を入力すると、受信端末を装備した最寄りのタクシーに通知される仕組みになっていて、料金は「ペイペイ」などのキャッシュレスサービスを使って支払います。

アプリには人工知能が活用されていて、タクシーの受信端末には乗車場所までの経路が瞬時に表示されるため、いちはやく、客のもとへ向かうことができるということです。

DIDIモビリティジャパン 河合正憲さん

「中国を中心としたインバウンドの方にも利用していただいて、地元や観光客の方にアプリを使っていただきたい」

このサービスは仙台市や利府町、松島町で9月12日から始まり、運営会社ではさらにサービス範囲を広げたいとしています。