化学薬品メーカー貯蔵タンクから硫酸「7500リットル」流出事故

カテゴリ:地域

12日午前、福山市の化学薬品のメーカー代理店で貯蔵タンクに保管していた大量の硫酸が用水路に流出しました。この流出によるけが人はいません。

午前8時30分頃、福山市南手城町の高田化学福山支店から「硫酸が流れ出た」と警察に通報がありました。

【深井記者】

「こちらのタンクから硫酸が流れ出たということです。タンクをつなぐホースが取れてしまっているのがわかります」

福山市によりますと、タンクから75%の濃度の硫酸およそ7500リットルが隣接する用水路に流出した可能性があるということです。

警察や消防によりますとこの流出によるケガ人はいないということです。

【高田化学福山支店・川久保智支店長】

「バルブとその間のホースが外れてしまった。(タンクの中は)ほぼ空です。皆さんにご迷惑をかけたなと」

福山市は硫酸が流れ出た原因を調査するとともに、付近に近づかないよう市民に注意を呼び掛けています。