伊能忠敬もした「歩測」を小学生が体験 正確さに感心【愛媛・新居浜市】

カテゴリ:地域

伊能忠敬も使った測量方法を学ぶ体験授業が12日、新居浜市の小学校で開かれ、児童たちがボールの飛距離の計測に挑戦しました。

「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10ストップ!6メートル80センチね」

児童たちが自分の歩幅を使って距離を測ります。

新居浜市の多喜浜小学校では4年生21人が「地図と測量」について学習。

江戸時代に伊能忠敬も行った『歩測』に挑戦し、その正確さに感心しました。

児童

「自分の飛ばしたボールの距離を足で測れたのがすごいと思いました」

また校内に、地殻変動を24時間計測している電子基準点があることも紹介され、児童らは測量の先端技術が身近にあることに驚いていました。