エアソウル 無期限運休へ 日韓関係の悪化が一因 搭乗率が低迷

カテゴリ:話題

静岡とソウルを結ぶエアソウルが、無期限運休を決めました。

日韓関係の悪化が原因の一つとみられています。

エアソウルは、ソウル便週3便について「需要の減少」を理由に、30日以降、無期限で運休することを決めました。

8月のエアソウルの搭乗率は60%台に落ち込んでいて、県は日韓関係の悪化が運休の原因の1つと見ています。

ソウル便は、チェジュ航空も週5便を週3便に減便しています。