「秋が来たな~」博多三大祭り“放生会”始まる チャンポン7種類に名物の新生姜も 福岡市・筥崎宮

カテゴリ:地域

博多三大祭りのひとつと数えられ、博多の街に秋の訪れを告げる筥崎宮の放生会が始まりました。

かわいい音色を響かせているのは、放生会には欠かせない縁起物、ガラス細工の「チャンポン」です。

2019年は、金魚や花火などが描かれたさまざまなサイズのものが7種類、840個用意され、訪れた人は、手に取るなどしてお気に入りのものを買い求めていました。

「欲しいなぁと2・3年前から思ってて、やっと来て(買った)」

「秋が来たなーと感じます」

参道には500軒以上の露店が所狭しと軒を連ね、名物の新生姜も並びます。

放生会は9月18日まで開かれていて、期間中100万人の人手が見込まれているということです。