【防災大百科】台風15号 長引く停電と福島県内初のレベル4 前編

カテゴリ:地域

東京大学客員教授で防災行動や危機管理の専門家

「防災マイスター」の松尾一郎さんと防災について考える。

【まずは2019年9月10日に大きな被害をもたらした台風15号を検証】

千葉県では鉄塔や電柱が倒壊し大規模な停電が発生。

断水や厳しい暑さも続き生活に大きな影響がでている。

停電が起きたのは強風により鉄塔が倒れたり電線が切れたことによる。

北海道胆振東部地震で発生した停電は発電所が停止したため。

これを人間の体・血管で例えると心臓が止まったと言える。

今回の鉄塔が倒れたり電線が切れたりしたのは毛細血管が切れたと例えられる。

この毛細血管を修復するのは時間がかかる。だから復旧に時間がかかっている。

<福島県内の病院での非常時の対策はどこまで進んでいる?>

須賀川市の池田記念病院。

停電に備えて設置されているのが非常用の自家発電装置。

1台で2日間くらいは病院全体の電源をまかなうことができ、発電装置は1度の給油で5日から1週間医療活動を維持できる電気を供給できる。

この病院では毎日の手術に加えて24時間稼働が必要な医療機器も多く患者の命に関わる停電対策に万全を期している。

このほか入院患者や職員などが災害時に困らないよう飲料や医療行為に使える約5日分の水も貯水槽に蓄えている。また米や缶詰など様々な食料品も保管。3日から4日の食事を賄うことができる。

<自家発電装置がある県内の病院>

・福島県立医科大学附属病院 ・南相馬市立総合病院 ・白河厚生総合病院

・福島赤十字病院 ・いわき市医療センター ・県立南会津病院

・会津中央病院 ・竹田綜合病院 ・太田西ノ内病院 ・大原綜合病院

災害拠点病院だと3日間から9日間は停電に対応できる。

全部の病院が設備が整っているとは限らないので家族や自身が入院の際に確認することも重要