154センチの土俵で勝負 ロボット相撲地区大会始まる 北海道旭川市

カテゴリ:地域

 土俵の上で戦うロボット相撲大会の地区大会が旭川市で開かれました。

 1日開かれたのはロボット相撲の北海道・東北大会大会です。

 大会は「高校の部」と参加資格制限なしの「全日本の部」に分かれていて、ロボット63台が出場しました。

 ロボットは自動で動く自立型のものとラジコンで操縦するものの2つの種類があり、勝敗は154センチの土俵に残った方が勝ちとなります。

 全国大会12月に国技館で開かれることになっています。