リアル「コード・ブルー」が校庭に着陸 救命医に役割学ぶ 静岡・三島市

三島市の小学校にドクターヘリがやってきました。

働く人の声を聞く授業の一環で、講師を務めたのはドクターヘリに乗る救命医たちです。

三島市の山田小学校に着陸したのは、順天堂静岡病院のドクターヘリです。

中には様々な医療器具が配備されています。

講師を務めたのは大森一彦医師と杉山由希乃看護師で、6年生にドクターヘリの役割を伝えました。

子どもたちは過酷な現場の様子や、命を救う仕事のやりがいを直に聞いて、救命医の役割を学んでいました。