参院選・下田で投票管理者が投票呼びかけか 警察が書類送検 静岡県警

カテゴリ:地域

7月に行なわれた参議院選挙で、投票所の管理者でありながら選挙運動に関わったとして下田市の男が書類送検されました。

捜査関係者によりますと、下田市の60代の男は投票所の事務を担当する管理者に選ばれていたのに、選挙期間中に特定の候補の街頭演説に加わり、投票を呼びかけた疑いです。

公職選挙法では、投票管理者は選挙区内で運動することが禁止されています。

また沼津市の50代の男は、公示後 掲示板に貼られた候補者のポスターに落書きした疑いがもたれています。

警察は20日2人を地検沼津支部に書類送検し、捜査を続けています。