戦国時代に思いはせ…夏休み中の小学生が山中城跡を見学 静岡・三島市

カテゴリ:地域

夏休みの子供たちに地元の歴史について知ってもらおうと、21日三島市の山城「山中城跡」で見学会が開かれました。

このイベントは三島市が開いたもので、21日は市内の小学生20人が学芸員の説明を聞きながら、史跡として国の文化財にも指定されている城跡を見学しました。

山中城はいまから450年ほど前に北条氏が西からの攻撃に備えて築いた山城で、石垣は無く巨大なワッフルのような「障子堀」が特徴です。

21日は特別に堀の中にも入り、その深さや登りにくさを感じるなど、子供たちは戦国時代の築城の技術や地元の歴史に思いをはせていました。