逮捕の決め手にも! 最新ドラレコは"360度撮影可能" 問い合わせが急増中 北海道

カテゴリ:地域

高速道路であおり運転をし相手の男性を殴るなどした疑いで18日、43歳の男が逮捕されました。

 日本中を震撼させたこの事件で、逮捕の決め手になったのが、被害者の車に取り付けられた最新のドライブレコーダーの映像でした。

 道内のドライバーの間でも、関心が高まっているようです。

 8月10日、茨城県内の常磐自動車道であおり運転をして、無理やり車を停止させた上、相手の24歳の男性を複数回殴り、ケガをさせるなどしたとして宮崎文夫容疑者(43)ら2人が18日逮捕されました。

 宮崎文夫容疑者:「自分の言い分と相手さんの言い分も全部聞きますから」

 逮捕の決め手になったのは、このドライブレコーダーの映像。よく見ると、前方の映像だけでなく運転席のドア側まで記録できるタイプであることがわかります。

 小出昌範ディレクター:「ドライブレコーダーの問い合わせが増えているこちらのお店、360度記録できるものが人気だということです」

 事件後、札幌市内のカー用品店には1日あたり10人近くドライブレコーダーを取付けたいという客が訪れます。注目はやはり360度撮影できるこのタイプ。

 オートバックス札幌石山通り店・保科英克さん:「事故やあおり運転、盗難や当て逃げなど360度記録する」

 さらに、2019年2月に発売されたドライブレコーダーには最新機能もついています。

 オートバックス札幌石山通り店・保科英克さん:「車間距離をベースにしてあおり運転を(ドラレコが)認識する」

 ドライブレコーダーが自動的にあおり運転の車を認識し記録したうえで、上書きされないよう別に保存するという優れものです。

 いつ起きるかわからないトラブルに備え、ドライブレコーダーの進化はとまらないようです。