台風10号九州南部に最接近から一夜 交通などに影響

カテゴリ:地域

台風10号の最接近から一夜明け、鹿児島県内では被害は確認されていないものの、交通などに影響が出ています。

15日未明、九州南部に最接近した台風10号。

一時は県内21の市や町に避難に関する情報が出されていましたが、現在は鹿屋市、南大隅町、肝付町に避難準備・高齢者等避難開始が出されています。

また、県内での被害は確認されていませんが、交通に乱れが出ています。

海の便では、桜島フェリーが先ほど午前11時に運航を再開しましたが、15日の午前を中心に垂水フェリーや離島を結ぶ便など、県内ほとんどの船が運航見合わせや欠航となっています。

またJR九州は、九州新幹線を始発から本数を減らして運転しているほか、日南線、肥薩線、吉都線などの運転を見合わせています。