台風10号は四国へ 鹿児島県全域が暴風域抜ける

カテゴリ:地域

大型の台風10号は15日午前7時には、高知県足摺岬のすぐ南まで北上し、鹿児島県内全域が風速25メートル以上の暴風域から抜けました。

また、十島村を除く奄美地方が風速15メートル以上の強風域から抜けました。

台風の中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は45メートルで、15日の日中に四国・中国地方を通過し、15日夜には日本海へ抜ける見込みです。

台風が予報円の中心を進んだ場合、薩摩・大隅、種子島・屋久島地方は15日夜遅くに風速15メートル以上の強風域から抜ける見込みです。

台風は県内から遠ざかるコースに入りましたが、薩摩・大隅、種子島・屋久島地方は吹き返しの雨や風に注意・警戒が必要です。

16日朝までの予想雨量は九州南部の多い所で150ミリとなっています。15日の雨は午前中がピークで、午後は小康状態となる見込みです。

15日夜にかけて急な突風に注意が必要です。高速道路などの車の運転は、急な横風に気をつけましょう。

海上は15日に5~6mの高波が予想されています。16日は波の高さが3m以下の予想ですが、太平洋沿岸を中心に海水浴など海のレジャーは高波に注意が必要です。