宮城県内 高波に注意 空の便に欠航も 台風10号 北上中  

カテゴリ:地域

大型の台風10号は、まもなく四国または中国地方に上陸する見込みです。台風の接近に伴い、宮城県内では波の高い状態が続いていて、仙台空港を発着する空の便にも影響が出ています。

大型の台風10号は、15日午前11時45分現在、愛媛県の西南西の海上にあって、まもなく四国地方に上陸する見込みです。

その後、中国地方を縦断し、日本海を北上する予想となっています。

県内でもすでに台風の影響が出ています。

海は台風からのうねりで、波の高い状態が続いています。

沿岸には引き続き波浪注意報が出されていて、海のレジャーは十分な注意が必要です。

台風が日本海を北上する16日は、県内でも沿岸を中心に南風が強まり、雨も一時的に強まる時間がありそうです。

空の便にも影響が出ています。仙台空港では15日朝から15日夜にかけて、大阪や広島、名古屋など、西日本への発着便35便が欠航となっています。

国際線に欠航はありません。

また、午後も新たな欠航や遅れが出るおそれがあるため、最新の運航情報に注意が必要です。