長崎・暴力団密漁事件 漁業法違反容疑で組長を再逮捕 密漁船を不法に係留か【続報】

カテゴリ:地域

長崎県で起きた暴力団の組長らによる密漁事件で、14日、組長の男が別の密漁の容疑で再逮捕されました。長崎県警察本部に近い港を拠点に「密漁船」を不法に係留していたとみられています。

警察によりますと、漁業法違反の疑いで再逮捕されたのは、指定暴力団六代目山口組傘下組織の組長 坂上明弘容疑者(51)です。

先月23日、長崎市野母町周辺の海で無許可でオオモンハタやタイなど10匹を密漁し、JR長崎駅近くの居酒屋に持ち込んだ疑いがもたれています。

坂上容疑者らは長崎市丸尾町の港を拠点とし、密漁に使った船や、潜水器具や水中銃などを保管していた船を不法に係留していたということです。

坂上容疑者らは別の密漁の容疑ですでに逮捕されていて、密漁した魚を長崎市内の歓楽街にある無料案内所に保管し、居酒屋で提供していたとみられています。