台風10号 北海道はあすから大荒れ 激しい雨のピークは夜間に 予想雨量300ミリ超の所も

カテゴリ:地域

 台風10号の影響で、北海道は16日から17日にかけて大荒れの天気となるとみられ、気象台が警戒を呼び掛けています。

 現在四国付近にある台風10号は、今後日本海を北上します。

 17日未明までには日本海北部で温帯低気圧に変わりますが、その後も勢力を保ったまま北海道を通過する見込みです。

 この台風の接近に伴い、道内は16日の夕方から雨や風が強まり、17日朝にかけてが大荒れのピークで、雷を伴い、非常に激しい雨が降るところがある見込みです。

 日本海側南部や太平洋側西部などでは17日の昼までに300ミリを超える雨が降る所もあるとみられていて、河川の増水や氾濫、土砂災害などに警戒が必要です。

 北海道や気象台は、さきほど会見を開き、ピークが夜間になるため、早めの避難や安全確保につとめるよう注意を呼びかけました。