大分・大谷渓谷で孤立 佐賀県の家族18人を救出 台風の影響で川が増水

カテゴリ:地域

大分県玖珠町の渓谷を訪れていた佐賀県内に住む18人が台風の影響で孤立状態となり、消防は15日午前、全員を無事救助しました。

大分県玖珠町の大谷渓谷で孤立状態となっていたのは、佐賀県に住む5カ月の女の子や未成年者を含む合わせて18人で、14日午後4時40分ごろ「車が水没して動けなくなったので助けてほしい」と119番通報がありました。林道を車6台で走行中に川が増水したため、孤立状態となったということです。

足場が悪かったため捜索は一時中断していましたが15日6時に再開され、午前10時前に18人全員が無事救助され日田市内の病院に搬送されました。体調不良を訴えている人はいないということです。