台風8号 15日明け方にかけて九州南部に最接近(15日午前0時現在)

カテゴリ:地域

最新の台風情報です。大型の台風10号は、15日明け方にかけて、九州南部に最も接近しそうです。

大型の台風10号は、種子島の東を北上しています。現在、県内の広い範囲が強風域に入っていて、種子島と大隅地方が先ほど風速25m以上の暴風域に入りました。

このあと薩摩地方も暴風域に入ってきそうです。台風は、15日の明け方にかけて九州南部に最も接近し、その後も北上を続け、県内は15日の昼前までには暴風域を抜けそうです。

台風本体の雨雲が九州南部にかかっていて、断続的に雨が降っています。

現在、大雨と洪水に関する警報が屋久島町に発表されています。16日午前0時までに予想される24時間雨量は、多い所で、薩摩・大隅で150ミリです。

15日の天気です。九州南部は広い範囲で雨が降り、夜のはじめ頃まで局地的に雷を伴って、非常に激しい雨が降るおそれがあります。

風も強く、九州南部には暴風警報も出ています。土砂災害やうねりを伴った高波にも厳重に警戒してください。