ゾウの鼻はスゴイんだぞぅ! 木綿豆腐、重いスイカ、どのように食べ物をつかむのか実験 〈仙台〉

カテゴリ:地域

14日、仙台市太白区の八木山動物公園ではゾウが長ーい鼻でどのように食べ物を掴むのか、色々なエサを使って実験が行われました。参加した子供たちは間近でみるゾウに目を輝かせていました。

このイベントは、子供たちにゾウを間近で見てもらい、ゾウの鼻について知ってもらおうと、八木山動物公園が夏休みの時期に毎年行っているものです。

14日は40人の子供たちが参加しました。

子供たちの前に姿を現したのは、メスのアフリカゾウ・メアリー(53)です。

メアリーに差し出されたのは「木綿豆腐」。

柔らかくて、人間でもつかむのが難しい豆腐ですが…。

アフリカゾウの鼻の先には2つの突起があり、その突起を器用に使って上手にものをつかめるのだそうです。

丸くて重いスイカも器用に鼻をまきつけてお手の物。

一口で食べてしまいます。

子供たちは最後にメアリーにニンジンをあげて、実際にその鼻の感触を確かめていました。

女の子

「なんかちょっと硬かった。あんなに大きいスイカを重たいのによくつかめたなと思った」

記者リポート

「思ったより鼻かたいんですね!器用につかんでくれました」

子供たちだけでなく、一緒に見ていた大人も楽しめるイベントでした。