15日の運休・欠航すでに決定も JR長崎本線も

カテゴリ:地域

台風の影響で、15日の運休や欠航がすでに決まっている交通機関もあります。

お盆のUターンに大きな影響が出そうです。

JRは、山陽新幹線が15日、新大阪~小倉間で、運転を終日見合わせます。

九州新幹線は、本数を始発から減らして運転することになり、博多から熊本、鹿児島中央との間で、折り返し運転を行う予定です。

長崎本線の特急かもめは、午前11時から午後4時にかけて、上下線ともに本数を減らして運転する予定で、すでに、4便の運休が決まっています。

長崎県内のJRの在来線は、通常通り運行する予定です。

長崎と北九州、宮崎、大分を結ぶ高速バスは、すでに始発から運休が決まっています。

長崎と五島を結ぶジェットフォイルやフェリーは、午後の一部の便を除いて、始発から欠航が決まっています。

空の便は、長崎と東京・羽田や神戸を結ぶスカイマークが、始発から全ての便で欠航を決めています。

本土と離島を結ぶORCオリエンタルブリッジも、長崎空港を発着する全ての便で欠航を決めています。

(14日 午後6時現在)