全国の「デコトラ」大集結…「一番星号」も展示 復興を支援〈宮城・白石市〉

カテゴリ:地域

派手な装飾を付けたデコレーショントラック、通称「デコトラ」の愛好家が集う、復興チャリティーイベントが14日、宮城県白石市で開かれました。

鋭いまなざしの真っ赤な龍に…。聖徳太子が描かれた昔の1万円札まで…。

デザインされているのは、すべてトラックです。

このイベントは、アートトラックとも呼ばれるデコトラの愛好家団体が主催したもので、全国から100台以上のデコトラが集結。

会場では、映画「トラック野郎」で宮城県出身の俳優・菅原文太さんが演じた、主人公・星桃次郎が乗った「一番星号」も展示されました。

会場を訪れた小学生

Q トラックは好き?

「すごい好きです」

Q どんなところが?

「いろんな飾りとか、光るところとか好きです」

会場を訪れた人

「見てるだけで楽しいですね」

派手なトラックとちょっと怖そうな人たちが集まる、このイベント。

目的は、東日本大震災の復興支援です。

この団体は、災害のボランティア活動に取り組んでいて、これまでも震災の被災者への支援を続けてきました。

全国哥麿会 田島順市 会長

「映画トラック野郎を見てもらえればわかるんだけど、トラック野郎の主人公の精神が、『強く生き弱きを助ける』という精神の映画だったんです。その精神を引き継いでいる」

14日の売り上げの一部は、震災の被災地に寄付されるということです。