九州新幹線 15日は減便で折り返し運転 県内在来線は多くが運転見合わせ

カテゴリ:地域

JR九州は、台風10号の接近に伴う15日(木)の運転計画を公表しました。

それによりますと、九州新幹線は始発から本数を減らして運転します。

博多~熊本はおおむね1時間に3本程度、熊本~鹿児島中央はおおむね1時間に2本程度の運転を行う予定です。

また、山陽新幹線が15日の始発から、新大阪~小倉で終日すべての列車の運転を取りやめることから、博多~熊本・鹿児島中央の折り返し運転となります。

一方、鹿児島県内のJR在来線は、一部区間で始発から運転を見合わせるなど台風の影響を大きく受けます。区間ごとの運転計画と特急列車などの運休は以下の通りです。

◇鹿児島本線:川内~鹿児島中央 始発から本数を減らして運転

 鹿児島本線:鹿児島中央~鹿児島 始発から運転見合わせ

◇日豊本線:宮崎~鹿児島 始発から運転見合わせ

◇日南線:南宮崎~志布志 終日運転見合わせ

◇指宿枕崎線:鹿児島中央~喜入 始発から本数を減らして運転

 指宿枕崎線:喜入~枕崎 始発から運転見合わせ 

◇肥薩線:八代~吉松 始発から運転見合わせ

 肥薩線:吉松~隼人 終日運転見合わせ

◇吉都線:都城~吉松 終日運転見合わせ

◇特急きりしま(宮崎~都城・鹿児島中央)終日運休

◇特急はやとの風(吉松~鹿児島中央)終日運休

◇特急指宿のたまて箱(鹿児島中央~指宿)終日運休

◇いさぶろう・しんぺい(熊本・人吉~吉松)終日運休