長崎市などが避難所を開設 早めの避難呼びかけ

カテゴリ:地域

台風の接近に備えて、長崎県内各地で、15日午後から、早めに自主避難する住民のために、避難所が設置されています。

長崎市では37ヵ所の避難所が設けられ、このうち、桜町小学校には、午後5時に市の職員が避難所を開設し、早速、避難した人の姿もありました。

長崎県内では、松浦市、五島市、西彼杵郡長与町など、6つの自治体が避難所を開き、午後5時現在、開設された避難所はあわせて72ヵ所となっています。

(14日 午後6時現在)